*+ASTRAY+*

食べることとか大好き高校生のブログ。ツイッターのせいで変更滞り気味。SSあります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍使いと騎士たちとおれ 01章- 出会いの章1-1 -

龍使い。
それは龍たちと契約し、その龍たちを従え戦う伝説の戦士。

騎士。
それは守るべきもののために力を振るうものたち。

そして、おれは、なんだろう・・・?


そう考えさせられる出来事が起こったのはほんの数日前の下校中だった。



「うー、やっとおわった・・・」

「おい相棒、顔が死にそうだぞ?」

「うっせーよ」


おれ改め坂上恵太は流星学園通常高等部普通科に通う普通の男子生徒だ。
隣にいる親友であり同じ寮生である美野阪慶吾も同じ学校に通うクラスメートでごくごく有り触れた高校生。
その日は吹奏楽部の活動が終わったあとの下校中で、既に時刻は7時に近づいている。
真っ暗闇を二人のむさくるしい男子が歩いていく。
バスクラリネットのケースと教科書の詰まった通学用鞄を提げて公園内に入る。
やはり、というか静かだ。
この公園を突っ切ってすぐにあるバス停でバスに乗り、流星学園通常高等部駅で降りる。
それがいつもの下校通路だ。
そしてこの日も同じ道をたどるべく公園内を歩いている。
何時もと変わらない下校路だ。
月がやけに輝いているななどと思いながらシーソーの隣を通り過ぎる。


―――ギコッ!


「っ!?」

おれは不気味な音を聞いた気がしてシーソーを見やる。
誰もいない。
止めていた足を再び動かす。


―――ギココッ!

「っっ!!??」

再び振り向く。
が、やはりいない。
・・・いや、少しだけシーソーが揺れている。
前を見やると慶吾の姿は無い。
すでにバス停へと巡りついたのか。
なんだよアイツ、酷でえな。親友をこんな薄気味悪いところにおいていくかよ。
そう思いながらおれはシーソーに三度目を向けた。


「なあっ!!!!????」


そこにいたのは、気の株。
目がぎょろりと生物的な音を立ててこちらを向く。
おれは慌てて後ずさる。
こいつは・・・幽霊?
冷や汗をかきながら全力バック。
フェンスにおれはぶつかり、停止する。
気の株はシーソーの上に乗ったまま黙っておれを凝視している。


「ぐぅおぉあ?」


奇妙なうめき声。
おれに何かを問っているのか?
身体をずらし、人間で言う首を傾げる問い動作をしている気の株。
一体こいつは何なんだ?
さっさとこの場から逃げ出したい。
だが、体がいう事を聞かない。
すぐに襲ってくれるならまだしも、こうしてもったいぶるように、襲わずにじっとされているほうが正直怖かった。


「やっと見つけた。あれでいいのね?ヴォルク」

「くきゅう」


そんな俺の耳に、新たな声が聞こえた。
少し低くて大人っぽいシルキーボイスと、愛嬌のある何かの泣き声。
足音が聞こえる。
おれはぎこぎこぎこと効果音が鳴りそうな機械的動作で後ろを振り返った。
そして凍りついた。
腰まで届く長い髪に軍服のようなものを着て、コートを重ねてきている。
はいているのはニーソックスと黒いブーツだった。
・・・って、おれ、こんな時に変な方向に目が行くな。男だから?


「うん、やっちゃっていいよ、ヴォルク」

「くきゅ~~」


彼女の肩に乗ったちいさなトカゲみたいな生き物が次の瞬間、翼をばさあと広げて宙に浮いた。
ばさ、ばさと一定のリズムで翼を動かしてその場に静止。
口を開く。意外にも小さくて丸い歯が見える。
口の中にちいさな赤い球体が出現。そのトカゲみたいな何かの前に赤いバレル。


「あ、離れたほうがいいよ、熱いから」


彼女が明日の天気を伝えるかのような気負いのない声でおれに警告を飛ばしてきた。
半信半疑におれは思いながら生返事を返したが、気づいたときには身を投げ出していた。
背中のすぐ横を、火が、焔が通り過ぎていく。
熱気がむんむんと伝わってきて、あつい。
不思議な事にその焔から湯気が出ていない。
その焔がさっきの変な木の株にあたり、大の字にその焔が分かれた。
木の株は生物的な唸り声を上げる。
よくみると、じりじりと焦げていく様が見て取れる。
何故か息を殺してその場にとどまり、木の株を凝視。


「バースト」

「くきゅ」


爆音。眼と耳を塞いで蹲る。
煙が体の周りをまとわりつくのがよくわかる。
焦げ臭い臭いがする。ああ、ハンカチで塞いでおけばよかった。


「もういいよ」


さっきの少女の声がする。
おれはゆっくりと身を起こして彼女を見た。
紺色の上着についているブローチのような金色の装飾類が輝く。


「怖い思いしたかな?私は日本自衛隊龍騎士特務隊に所属する柳田沙那慧(やなぎださなえ)よ」


一方的に自己紹介された。
おれも名乗ったほうがいいのか?
そう悩んでいると自衛隊龍騎士特務隊なる怪しい部隊に所属する自衛官はこちらに歩いてきた。
え?
なんだと?
美人。見る限り歳はおれとかわらないだろう。
なのに軍服が異様なほどに似合っていた。


「えっと、流星学園通常高等部所属の坂上恵太です」

「そう。怪我はない?」

「あ、はい、大丈夫です」

「ならよかった」


彼女は微笑んだ。
無邪気な笑みに見えた。
街灯のヒカリに当たっているだけなのに、彼女がまぶしく見えて、思わず眼を細める。


「この子はヴォルク。トカゲじゃないからね」

「くきゅー」


トカゲもといヴォルクはかわいらしい声で鳴いてくる。
にしても、龍とかいったいなんなんだ。
そもそも、一般人のおれにそんなの教えるか、普通。


「今日はね、貴方をスカウトしに来たんだけど」


おれの疑問を見透かしたかのような回答だった。
彼女は相変わらず笑っている。


「おれを、ですか?」

「そう、龍騎士の才能ありと私の上司に判断されたから」

「でも、おれ、学生だし、取り柄といえるものも殆ど・・・」

「問題なし」


彼女は笑ったままそう言ってのけた。
そして、ふと笑顔を和らげて、眉を吊り上げた。
いきなりの表情の変化で驚いた。
まるで、敵を睨むような目つきだったから。


「さっきの”スプラウト”っていうモンスターなんだけど、最近大量発生してるのよ。
 私たち龍騎士特務隊はそれを狩って行く部隊よ。仕事はそれだけ。簡単でしょ?
 給料は最低でも一般兵の5倍以上貰えるし、美味しいとは思わない?
 貴方、楽器を続けるつもりなら、自分のバスクラ欲しいでしょ?」

「・・・はい、まあ」


そこでおれは初めて自分がバスクラのケースを大事そうに抱えているのを意識した。
学校の貸し出しのプラ管楽器ではあるが、確かに将来音楽を志す者としては、非常に大事なものである。
さっきの熱で楽器のバランスが崩れていないか今、非常に気になっているし。
思わず俺は楽器のケースを撫でた。


「プラ管だと、一般購入で23万、ね。一流メーカーだけど。
 一流でも外国製ならもっと安く手に入るかもね。・・・そのバスクラ、可動式指掛けがついてないやつでしょ。
 その後の型なら、可動式指掛けが標準で装備されているわね」

「はい・・・・意外と、詳しいんですね」

「そうかしら。私、どちらかといったら、コントラバスクラリネットのほうがすきなんだけど」


恐ろしく専門的な話をした沙那慧とやらは、さらりと現役吹奏楽部の俺が知らない単語を口にした。
コントラバスクラリネット?
奏者たちからは弦バスとも呼ばれるコントラバスと、木管楽器を代表するクラリネットがどうやって合体するんだ?
吹きながら弦を引くというシュールな状況を思い浮かべて・・・・苦笑いした。


「何か、へんな想像しなかった?」

「い、いや、別に・・・」


にたーっと笑みを浮かべて沙那慧はおれを見つめた。
ちょ、自衛官がそんな目で人を見ていいのか、仮にも今軍服着てるだろ。
というか俺が退学モノだ、ほんとにやめてくれ。
退学になったらあとで大変なことになるんだぞ、人の将来つぶす気か、お前は。


「・・・まあ、いいや。基地いこ」

「はあ?おれまだ返事――」

「決定事項。学校に長期休学の話通してる」


おい、えらく手際がいいな、お前。
って、いつの間にか手首つかむな、痛い、っていうか暑いぞ、なんか。
って、引っ張るな、いてえ!

結局、迎えの”装甲車”に連行され、自衛官に拉致されることになった。
というか迎えが装甲車というのはどうかとおもうぞ、一般人いるんだぞ。
それも学生が大勢。というか無駄無駄言っている割には政府、なぜ自衛隊にこんなオカルト部隊を残しているんだ。
装甲車が轟音を響かせる。
どうにかしてくれ、単位がやばいんだ、マジで・・・。

そんな心のつぶやきは、誰の耳にも入らなかった。


※ネタバレつき登場人物設定


坂上恵太(訓練兵→少尉)
流星学園通常高等部普通科に通う吹奏楽部員。
クラリネットが好きで、躍起になっているところを沙那慧に捕まえられた。
龍騎士特務隊では沙那慧と桜蛇雫中尉でパーティを組んでいた。使龍は2番目主としてヴォルフ、後に”ミフノス”を授かった。
百里基地所属の神楽坂亜李香少尉とは仲が悪いが、龍騎士連合で再開してからは打ち解けた。
龍騎士連合ではステラとピアーナ、ミスティアとともに分隊として戦闘に出た。
使用武器は主に鉄鞭となるフォセッタ。

柳田沙那慧(少尉→中尉)
日本自衛隊龍騎士特務隊所属の竜使い。
使龍はヴォルフで、実家は神社。いずれ退役して巫女修行をしようかと考えている。
名刀”蓮の炎天山”を使った刀技は部隊随一の実力。
騎士連合に入隊してからは中尉に昇進。
亜李香とシン、ジルヴェイルとともに分隊として戦闘に出た。
最終作戦でヴォルフを喪失した。
その後退役。

桜蛇雫(中尉)
日本自衛隊龍騎士特務隊所属のサポート。
主に使用する操作端子は攻撃型端子で、爆雷を使ったトリッキーな戦闘を得意とする。
常に敬語で、冷たい印象を覚えさせる。
実家が道場で、基礎能力も高い。過去に使龍を喪失した経験がある。

栗原綾乃(軍曹)
日本自衛隊龍騎士特務隊所属の教官。
別名”鬼”。泣きぼくろがあり、彼女と親密な人たちによれば、”不運な人生”らしい。
時々タバコらしからぬモノを吸っているのを目撃されていたりする。
那須野空海を使い魔として従えており、二刀流である。(曲がりの少ない日本刀を好む)。
恵太たちとは騎士連合で出会った。
リリアンヌとは旧知の仲で、オルメスの出現時に一人彼女を探していた。

ピアーナ・ディアリェス(大尉)
ロシア軍所属大尉。騎士連合のエース。
ミスティアと連携をとることが多い。
使龍はミグ。ミクと勘違いすると必ず怒る。
最終作戦時に恵太をかばい戦死。

ミスティア・フォン・ラ・ローゼンリッター(大尉)
イギリス軍所属。騎士連合のエース。
イギリスの有力貴族の愛娘で、ピアーナと連携をとることが多い。
使龍はスピットファイアで、火力に富んでいる。
最終作戦後は本国に戻り、スピットファイア、ミグ(再契約を交わした)とともに教導隊に所属した。

神楽坂亜李香(少尉)
日本自衛隊龍騎士特務隊所属の竜使い。
百里基地のエース部隊所属。ある軍のイベントで恵太たちと出会い、いきなり誤解による喧嘩を巻き起こした。
普段はクールな姉様気質。
騎士連合へ入隊後はクルセ、智子、エルルカとともに分隊として戦った。
使龍はリンテンスで、冷却系を得意とする。
最終作戦時には、作戦の要であるオルメスと陽炎を護衛した。
モンスターたちの猛攻により戦死した。

水無月秦(シン)(中尉)
龍騎士特務隊所属の騎士。妹の水無月澪とパーティーを組んでいた。
再編成後はクルセ、亜李香、智子、エルルカとともに分隊として戦った。
最終作戦時は亜李香たちとともにオルメスと陽炎の護衛を担当した
作戦中に援護に駆けつけた澪の前で戦死。

クルセ・リュパン(中尉)
元フランス軍所属の龍使い。現在は龍騎士連合所属。
フランスの大泥棒一族の出で、悪名高いが、実は根が優しい。
最終作戦時は亜李香たちとオルメス・陽炎を護衛。
右手を喪失したものの帰還。使龍はオルソラ。
トリッキーな戦法を好む。

エルルカ・フォン・ハプティソン(大尉)
元ドイツ軍。現在は龍騎士連合の魔法使い。
回復系・攻撃系ともに長けており、昔は宮廷魔道士と呼ばれていた。
最終作戦時はサポートとして後方におり、亜李香たちの戦場を一番広域的に理解していた。
使い魔は巡音(恵太が名づけた。元は名がなかった)。

水無月澪(中尉)
龍騎士連合所属の龍使いでシンの妹。
使龍は空音姫で、広域魔法が使える。エルルカの弟子。
最終作戦時は指揮車護衛を担当。
姉が目の前で死亡した。亜李香と仲がよく、最終作戦後、リンテンスと再契約を交わした。


今のところ、こんな設定ができてる。騎士連合所属1年後からは2小節目で、なろうに掲載中。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://tinatuinoue.blog37.fc2.com/tb.php/357-2f6c4c74

左サイドMenu

プロフィール

ヒカリさん

Author:ヒカリさん
ヒカリさんです。
苦手なものはかぼちゃ、うめぼし、骨の多い魚他もろもろ・・・。
ワードとエクセル、ブラインドタッチが得意です。
http://pr.fc2.com/hikarisan/
プロフこちら↑

高校一年生演劇部所属。
中学の時は吹奏楽部で、楽器はクラリネット(B♭)&バスクラリネット(B♭プラ菅)

マブラヴTEのクリスカマジイケメンwww
イーニァが可愛すぎww
タケミーはさらっと角なしが好き。角ありだと赤。
真耶か真那と言われたら真耶派。

~所有ゲーム~

DS
・わたしのリラックマ (積みゲー)
・シムシティDS2 (進行中?)
・おいでよ どうぶつの森 (進行中?)
・ポケットモンスターダイアモンド (殿堂入り完了)
・スーパーロボット大戦W(VSゲイツ戦フルメタルートまで)
・大合奏バンドブラザーズ (マスター攻略中)
・ポケモンレンジャーバトナージ (積みゲー)

PSP
・PATAPON!2 (積みゲー)
・初音ミク Project DIVA (ハード攻略中)
・初音ミク project DIVA2nd
・魔法少女リリカルなのはA's (クリア済み)
・魔法少女リリカルなのはA’sGod(クリア済み)
・モンスターハンターポータブル2ndG(積み)
・最後の約束の物語(セレス√攻略中)

GBA
・ポケットモンスタールビー (クリア済み)
・ポケットモンスターサファイア (クリア済み)
・ポケットモンスターエメラルド (クリア済み)
・ポケモンダンジョン 赤の救助隊 (積みゲー)

PC
メイプルストーリー (進行中)

好きな言葉はSylphid(シルフィード)、Sylph(シルフ)、Maeve(メイヴ)ASTRAY(アストレイ)

ついったー

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リラックマ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メイプルウォッチ

スカイガールズ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

バロメーター

QRコード

QR

当サイトについて

当サイトはヒカリさんが運営するサイトです。 本来は日記としてこのブログをつけていましたが、現在はクロスオーバーSSもあり。 コメントの嵐は迷うことなく消去させていただきます。 成りすましコメントや、スパムといったものも消去対象となりますのでご了承ください。 SSは作者や製作会社には一切関係ありません。

現在閲覧者数

同じくバグから復活させました、以前のバグは・・・?

現在の閲覧者数:

来訪者数

復活しました。以前のバグは何だったのだろう・・・

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。