*+ASTRAY+*

食べることとか大好き高校生のブログ。ツイッターのせいで変更滞り気味。SSあります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリカル・イグリプス~クロニクルズ~ 1話

「宮藤ぃ~~~ッ!」


何故か箸を持ったまま食堂内をなにやら走り回っている斉藤が叫ぶ。
彼の追う先を見てみると、一人の長身の少女。
斉藤から奪い取ったであろう皿を抱えて走っている。


「俺の合成しょうが焼き返せ~~~ッ!」

「やだよ~~ぜってえやーだッ!」


肩まで届く黒髪がさらさらと踊り、宮藤の笑顔がまぶしく輝く。
僕は思わず頬を緩めてそれを眺める。


「だってこの間あたしが撮っておいたの”週間バ○クTV”のデータ消したのだれよっ!!」

「んなの言ったらおれの買っておいたペーパーメディア根こそぎ捨てたの誰だ!!高かったんだぞっ!?」

「どーでもいいもーん!旧世紀のガソリン車には興味ないしーーー!」

「なんだとぉ・・・!」


瞬間、何かの割れる音が連続して響いた。
僕の周りに腰を落ち着かせていた者たちが慌てて腰を浮かし、彼らを眺める。


「ブーメランレディ、リリースッ!」


宮藤がそう叫ぶや否や白い皿を高速で打ち出す彼女。
斉藤はそれをバックステップでかわす。
皿の割れる音が響き、厨房からおばちゃんの怒鳴り声が聞こえる。


「フォーク機関砲レディ・・・リリースッ」


おばちゃんの怒鳴り声に意を返さず、斉藤は宮藤の顔面目掛けてフォークを投げつける。
宮藤はそれを華麗な動作でかわし、さらに皿を投げる。


「・・・どこの黒○事だよ」


そんな彼らを尻目に隣に腰を下ろす女性が呟く。
茶色く染めた髪は腰まで伸びており、着ている制服には中尉の階級章が光っている。
赤城教導隊所属、水無月八重中尉はコネカミに青筋を立て、顔を引きつらせていた。


「さあ。タップが無いだけましだろ?ついでに言うと、BLじゃないし」

「・・・」


たかたかたたんたん。
たかたかたかたか。
たんたんたんたんたたかたか。

え?


「タップだ。宮藤、何時の間にかフットワークがタップに変わってる」

「ぬぁ!?」


かかとを打ったりつま先で蹴るように音を鳴らしている。
確かにタップであった。
というか、戦いながらタップするか、普通。


「ぬぉ・・・!」


ザッという効果音と共に、僕の付いているテーブルのテーブルクロスが剥ぎ取られる。
眼の前に置かれている合成しょうが焼き定食などのプレートは・・・一ミリもずれていないようだ。
剥ぎ取った張本人である宮藤は風に靡くそれをばっと斉藤へ投げつける。
斉藤はソレに引っかかり、両手をばさばさとさせてもがき始め、周りから笑いの渦と口笛と拍手が舞起こる。


「・・・吉本少尉、ところで箸が止まっているがどうした、貰っていいのか?」

「・・・・・・・・駄目です、はい。これは僕が食べます」


八重の黒い笑みを見て、止まっていた端を再び動かし始める。
ソレと同時に隊長から呼び出しを受けた。




「もっと速くいけるっ!!?」

「やってみる・・・ッ」


私は前席でレティクルを見つめ、トリガーを引き続ける相棒の指示通り、スロットルをさらに開け、BETAを避ける。
通常型より一回り大きいこの複座型は必死になって私の指示に従う。


「右にちょっと飛んでっ!」

「うんっ!」


ジャンプユニットを吹かし、右へ。
そして自機である不知火複座型の手に保持された突撃砲が火を噴き、ドローン撃墜――正確に言えばペイント弾を当てられたので、プログラムにしたがって帰投した――し、さらに左舷方向のドローンも撃破。
私は網膜に移される”効率的な”機動計算を見ながら不知火を誘導。
前席の相棒が前方に位置する敵機を破壊。
さらに右舷側へ身を捻らせてさらにドローン撃破。


『なんだ・・・絶好調じゃないか』

『そういう事を言わないでください、高梨少尉。
 ・・・・こちらCP、聞こえます?』


あえてCPの高梨少尉の無駄口を聞き流す。
神崎愛美中尉の事務的な声に「こちらレッドサンズ6、感度良好」と答える私。
機体を着地させ、右足を軸に回転。その間にドローン1機撃破。


『試験終了。結果は良好です。川野中尉も驚いてますよ』

「そっ♪
 まー、文香と組んでからすごく結果上がってるし、なんていうか・・・」

『実感わきませんか?・・・と、試験プログラムヴォールク6、終了です。お疲れ様。
 直ちに帰投してください。その後はデブリーフィングです。以上』

「こちらレッドサンズ6、了解。直ちに帰投します」


通信途絶。
私は機体を正常姿勢――つまり直立――にしてから、先ほどの通信の命令を前席の相棒――片岡文香少尉に伝える。


「そう、わかった。帰ろう、中尉」

「だから、堅苦しいのはナシだよ」

「あはは、ごめんね」


網膜にけらけらと笑う文香の顔が映される。
管制ブロックの構造上、前席・後席は着座している限り顔を見ることができない。
だが、後席からは前席の衛士の後姿の一部を見ることができる。
その影から見える黒髪が文香の笑いに合わせてゆれる。


「じゃ、いくよ?」

「うん、奈々」


先ほどとは違い、ゆっくりと機体を動かす。
ゆっくりとジャンプし、離陸場までゆっくりと飛行する。
移動用の空域――訓練空域と訓練空域の真ん中に位置している――を使い、ゆっくりと匍匐飛行する。
その間、前席でレティクルをにらみ続けた文香は索敵しながらの休息をとる。
私もスロットルに軽く力をこめているだけだ。
進路はビーコンが誘導しているのでわざわざ衛士が調整するまでもない。


「ふぅ・・・疲れた」

「そうだね、奈々」

「何だかんだいって4時間以上やってたもんねー」

「うん、私も目がしょぼしょぼするよ」

「私は四肢がもぅ痛い痛い。何時もの筋肉痛なんだけどね、あははは。
 複座って、スロットルとか重くて大変だよ、ほんと」


前席に座る文香は主に機体の火器管制を担当している。
レティクルをひたすら睨み続けているのだから、目が痛くなるのは当たり前だろう。
一方の私は機体制御を担当している。
単座ならともかく、複座の戦術機はサイズがどうしても大きくなり、それにあわせて調整するもんだから、ペダルやレバーが結構重くなる。
四肢が痛くなるのはそのためなんだ。
そして二人とも4時間以上続けたため、当然のように目が痛い、筋肉痛という症状に陥ってしまった。


「帰ったらまず真っ先にシャワー浴びたいなぁ」

「奈々、デブリーフィングが終わるまで我慢。横谷大尉結構そういうのには五月蝿いから」

「それはまあ、わかるけどね?だけどさ、女の子だし」

「そうだね。でも汚水だよ?」

「近衛が羨ましい・・・」


文香がわははと豪快に笑う。
何故か私と一緒だと普段のお姉さまでなくなるのは何故だろう。
こっちが”地”だったりするのだろうか。


「近衛ねえ・・・。そういや横谷大尉の妹さんも近衛にいたよね、少し前までは」

「え?あの香織中尉が?」

「奈々、横谷大尉の家って3人兄弟。末っ子のほうだよ」

「末っ子?・・・えと、なんだっけ、幻想殺しだっけ、死神戦隊じゃなくてブーメラン戦隊の隊員だっけ?」

「ボケないの。というかかなりマニアックな話だね、うん」

「・・・ごめん、今凄く変なボケ方だって我ながらに思ってたんだよ」

「まったく・・・”高性能機殺し”だよ。
 激震でF-15Jとか、タイプ94に勝ってる女の子」

「ああ。海鳴にいるっていう妹ね。
 へえ、黒武御雷に乗ってたんだ」

「らしいよ」


そういいながら文香は何故か”ん?”と眉を顰め、レティクルを見やった。
そして、索敵センサーに感。
IFFによると赤城教導隊所属F-18Eと不知火弐型のプロトタイプ――”XFJ計画”によって作られた最初の機体――のようだ。
ということは、吉本少尉と八重さんだ。
あちらも匍匐飛行で飛んでいるようだ。
飛行計画(フライトプラン)のデータを引っ張り出して見てみると、不知火弐型新武装テスト、となっている。
あらあら、ご苦労さん。
そう思いながら腕を組んで口笛を吹いていると、F-18Eと不知火弐型が隣を通っていく。
どこの演習空域使うだろう。


「相変わらずローテーション組むの下手だね、大尉さん」

「そうだね、文香。
 また自作の武装のテストでしょ?何時ものことながら八重さんも大変だね」


轟音を残して飛び去った2機。
その軌跡をレーダーで見取りながら、私は機体を着地させるためにスティックを握った。



あとがき。


今回みじかいっす。

まあ、気抜きで作ったやつだし。

本編は少々重い話だけど、こっちは少し軽く行きたいな。

ちなみにネタは気にしないで欲しい。

黒執事とか禁書とか雪風とかさ、知ってる人しか知らないでしょ?

というわけで。以上。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://tinatuinoue.blog37.fc2.com/tb.php/365-2fde89cb

左サイドMenu

プロフィール

ヒカリさん

Author:ヒカリさん
ヒカリさんです。
苦手なものはかぼちゃ、うめぼし、骨の多い魚他もろもろ・・・。
ワードとエクセル、ブラインドタッチが得意です。
http://pr.fc2.com/hikarisan/
プロフこちら↑

高校一年生演劇部所属。
中学の時は吹奏楽部で、楽器はクラリネット(B♭)&バスクラリネット(B♭プラ菅)

マブラヴTEのクリスカマジイケメンwww
イーニァが可愛すぎww
タケミーはさらっと角なしが好き。角ありだと赤。
真耶か真那と言われたら真耶派。

~所有ゲーム~

DS
・わたしのリラックマ (積みゲー)
・シムシティDS2 (進行中?)
・おいでよ どうぶつの森 (進行中?)
・ポケットモンスターダイアモンド (殿堂入り完了)
・スーパーロボット大戦W(VSゲイツ戦フルメタルートまで)
・大合奏バンドブラザーズ (マスター攻略中)
・ポケモンレンジャーバトナージ (積みゲー)

PSP
・PATAPON!2 (積みゲー)
・初音ミク Project DIVA (ハード攻略中)
・初音ミク project DIVA2nd
・魔法少女リリカルなのはA's (クリア済み)
・魔法少女リリカルなのはA’sGod(クリア済み)
・モンスターハンターポータブル2ndG(積み)
・最後の約束の物語(セレス√攻略中)

GBA
・ポケットモンスタールビー (クリア済み)
・ポケットモンスターサファイア (クリア済み)
・ポケットモンスターエメラルド (クリア済み)
・ポケモンダンジョン 赤の救助隊 (積みゲー)

PC
メイプルストーリー (進行中)

好きな言葉はSylphid(シルフィード)、Sylph(シルフ)、Maeve(メイヴ)ASTRAY(アストレイ)

ついったー

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リラックマ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メイプルウォッチ

スカイガールズ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

バロメーター

QRコード

QR

当サイトについて

当サイトはヒカリさんが運営するサイトです。 本来は日記としてこのブログをつけていましたが、現在はクロスオーバーSSもあり。 コメントの嵐は迷うことなく消去させていただきます。 成りすましコメントや、スパムといったものも消去対象となりますのでご了承ください。 SSは作者や製作会社には一切関係ありません。

現在閲覧者数

同じくバグから復活させました、以前のバグは・・・?

現在の閲覧者数:

来訪者数

復活しました。以前のバグは何だったのだろう・・・

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。